お役立ち情報

上司、部下、同僚全対応! 涙を誘う送別会のテクニック

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

3月は、学校の卒業シーズンではありますが、企業においても年度末を迎えるところが多く、中にはこのタイミングで転職や異動、あるいは定年退職をする、という人もいらっしゃるかもしれません。また、そうした人が身近にいる、という人は、さらに多いことでしょう。

そうした方を送り出す送別会の幹事を任される方向けに、今回は上司、部下、同僚全対応の、送別会で涙を誘うテクニックについて、ご紹介いたします

主役を思う気持ちが大切

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

送別会は、会社などで行われる宴会の中でも、明確に主役が決まるのが特徴です。となれば、主役のことを最大限に思うことがまず大切でしょう。

たとえば挨拶を頼む際は、できる限り主役に近しい方に依頼をするのがベスト。直属の上司や長年指導をしてもらった部下など、苦楽を共にした方であれば、主役の心に響く素晴らしい言葉を発してくれると思います。

また、送別会は別れの場ではありますが、宴会なのでやっぱり盛り上がっていきたいところ。その中で、それぞれに主役と思い出話をしていくことで、主役の心にもみなさんと過ごした日々が大切な記憶として残っていくことでしょう。

そして、ゲームや余興もいいのですが、思い出を振り返るフォトムービー、そして思いのこもったプレゼントなどを贈れば、主役が涙を流すほど感動してくれるかもしれません。

主役を思い、どうすれば主役が喜んでくれるか。それを考えるのが一番大事、というわけです。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

涙を誘う送別会のスピーチ

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

送別会といえば、退職者など送り出される方へのスピーチが重要なポイントです。このスピーチで、主役の方を喜ばせるような涙を誘うテクニックをお教えします。

スピーチの組み立て方としては、まず、退職者の「労をねぎらってあげる言葉」、そしてこれまで「一緒に仕事してきた思い出」などを語り、最後に「新たな門出を祝う」のが一番良い流れです。この中で涙を誘うポイントとしましては、「一緒に仕事してきた思い出」を語る時です。ここに重点を置きましょう。本当にあった話を、できるだけ具体的に沢山話してあげれば、情を誘って、退職者の涙を誘うことができるでしょう。当日失敗しない為にも、事前にしっかりと話を組み立てて、内容のあるスピーチをしてあげてください。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

送別会で喜ばれるプレゼント

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

送別会といえば、送り出される方へのプレゼント選びも重要です。送別会のプレゼントは、年齢や性別に加えて、相手の退職理由にも注目して選ぶと、本当に喜ばれるものを見つけられるでしょう。一般的には、今後のビジネスシーンでも使いやすいような「ボールペン」や、男性であれば「ネクタイ」、女性であれば「アロマグッズ」などがよく選ばれます。もし涙を誘うのであれば、「花束」や「色紙」などで主役の方をねぎらってあげるのもおすすめです。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

まとめ

送別会では、送り出される方の涙を誘うような演出を盛り込みたいですね。送別会の主役への気持ちを込めて、これまで一緒に頑張ってくれたことへの感謝や、新しい人生に旅立つことへの励ましなどで送り出してあげましょう。この記事の内容を参考にしていただけたら幸いです。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。