お役立ち情報

二日酔い防止には何がきく? 飲む前と後でやること一覧

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

飲み会が増える時期、世の中ではいろいろ大変なこともありますが、こういう時こそみなさんで集まってお酒を酌み交わす、ということもあるかと思います。ただ、中にはお酒を飲み過ぎて楽しい時間を過ごすあまり、翌日に二日酔いになってしまう、という方もいらっしゃるのでは。

そんなみなさんに向けて、今回は二日酔いにならないために、飲む前と後でやることをご紹介していきます。お酒を飲む前に、ぜひチェックしてみてください。

二日酔いになる原因

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

まず、「二日酔い」について。二日酔いは、多量のアルコールを摂取した結果、肝臓で分解しきれなかったアルコールが「アセドアルデヒド」という有害物質に変化し、体内にまわることで起こります。頭痛や吐き気、喉の渇きといった症状は、経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

このアセトアルデヒドには、吐き気や動悸、頭痛などを引き起こす働きがあり、これが二日酔いの原因となっています。お酒を飲みすぎると、肝臓がアセトアルデヒドを十分に処理しきれておらず、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなり、胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛などの症状が現れてくるのです。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

二日酔いを防ぐ方法

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

二日酔いを防ぐポイントは、いくつかあります。ここでは、飲む前と飲んだ後の対処法のついてご紹介していきたいと思います。

飲む前の対処法

一つは、お酒を飲む前に食べ物を食べたり、二日酔いを防ぐドリンクを飲んだりすることです。飲む前に胃袋をいっぱいにしておくと、アルコールを吸収して胃の表面を守ってくれます。またドリンクについては、アセドアルデヒドの分解をサポートする「ウコン」のドリンクなどが有名ですね。ウコンやしじみ汁などを飲んで、肝臓を先に守っておきましょう。

飲んだ後の対処法

また、お酒を飲んでいる間や飲んだ後では、飲んだお酒と同じくらいの量の水を飲むといいでしょう。アルコールが薄まり、肝臓の負担を和らげられます。飲んだあとの食事としては、卵やバナナ、果物ジュースがおすすめです。二日酔いに効くシステインやカリウム、果糖といった成分が含まれていますので、二日酔いが軽減されます。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

二日酔いにならないための対策

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

二日酔いにならない為には、やはりお酒の飲みすぎを抑える必要があります。とはいっても、宴会などではつい楽しくて飲みすぎてしまうこともありますよね。できるだけ気を付けていただきたいポイントとしては、色んな種類のお酒を飲み過ぎないことです。違う種類のお酒をいろいろ飲んでいると、思った以上にアルコールを摂取している、ということもあるので、二日酔いになる大きな原因です。お酒の種類を複数飲む場合は、注意が必要です。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

まとめ

当たり前の話ですが、二日酔いを予防するには飲みすぎに注意することが一番です。自分の肝臓をいたわるためにも、二日酔いにならないためにも、お酒を楽しむ際には食事やお水を欠かさないで、できるだけ飲みすぎにないように注意してくださいね。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。