お役立ち情報

七五三で外食する場合のお店選びはどうすればいい?

秋から冬にかけて、日本のトラディショナルな行事である「七五三」をするファミリーのみなさんで計画している方もいるでしょう。「七五三」といえば、祖父母を呼んだり、写真撮影や食事の場所を予約したり、事前に準備することは意外と多いんです。
七五三の日は、食事もいつもより豪華なお食事を用意してあげたいと思います。そこで今回は、七五三で外食する場合のお店選びについて、ご紹介していきたいと思います。

七五三の時に食べるものは?

画像掲載元はこちら 

七五三だからといって、必ず食べなくてはいけないものはありませんが、一般的には「祝い鯛」などがよく食べられます。他にも「赤飯」「ちらし寿司」などの、お祝い料理を食べるようにしましょう。七五三は何といっても3歳男女、5歳男児、7歳女児を11月15日前後に、無事に成長できたことへの感謝と今後の健やかな成長をお祈りし、お祝いする行事です。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

七五三の食事会の場所選び

画像掲載元はこちら 

七五三当日は、親はとても忙しいので、家よりも外食でお祝いされる方がたくさんおられます。特に祖父や祖母と一緒にお参りに行かれたときは、ちょっと贅沢して、良いお店で食事会を開かれるところも多いです。ただ、家族だけで行く場合は、主役のお子さまが行きたいお店に連れていってあげましょう。回転寿司でもファーストフードでも、お子さまの成長をお祝いする日なので、満開の笑顔で楽しくご飯が食べられる場所なら、どこでも構いません。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

祖母や祖父などと一緒に行く場合


画像掲載元はこちら 

祖父や祖母も一緒に食事会に行く場合は、料亭やホテルなど、和食処を選ぶようにしましょう。普段行くところよりもちょっと高級なお店でお祝い膳を囲むのが一般的な形と言えるので、神社や自宅近くの創作和食屋や割烹料理店を選ばれるのがいいでしょう。
料亭やホテルなどでは、「七五三プラン」を実施しているお店も多いので、メニュー選びもとても便利です。大勢でもゆったりと寛げて、、お子さまが少々騒いでも気にならないような個室を選ぶのがベストです。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

七五三で食事会をする場合の注意点

画像掲載元はこちら 

七五三で食事会を外でする際の注意点として、下記の2つの点に注意しておこなうようにしましょう。

衣装を汚さないように気を付ける

お参りしてそのままお食事に行く場合は、レンタル衣装を汚さないように工夫しましょう。お参りの衣装はお子さまも窮屈ですので、食事の場所か、行く途中などでお着替えをしてあげるのがいいですね。もし衣装のままお食事をするという場合は、エプロンやスモッグを持っていき、食べこぼしなどで汚れないように注意しましょう。

食事会だけ日程をずらしておこなうのも有り

七五三のお参り当日、食事会に行く余裕がない場合は、無理せず食事会だけ後日にまわしてしまいましょう。祖父や祖母との予定が合わなかったり、遠方で時間がなかったり、お子さまが疲れている場合もあります。その日に絶対しなくてはいけない理由などないので、ゆったりとしたスケジュールで、余裕を持ってみんなでご飯を楽しみましょう。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

まとめ

七五三をお祝いする食事会についてご紹介しましたが、外食先がどこであっても、みんながお子さまをお祝いする気持ちで食卓を囲めば、とても幸せな食事の時間が過ごすことができるでしょう。どんな外食先でも、ママの手作りであっても、お子さまの記憶に残るような素敵な七五三のお食事会をお楽しみくださいね。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。