お知らせ

ラーメン評論家はここまでスープの味の違いがわかる! 鍋企画で見えたその実力

有名ラーメン店が「鳥メロ」で人気の鍋メニューを監修。異色のコラボ鍋が誕生しました。あの名店の味を、鍋で味わえるのは今だけ。期間限定(11月12日提供開始)のスペシャルコラボメニュー、ぜひご堪能ください。

※「ラーメン有名店コラボ鍋キャンペーン」は現在終了しております。

詳細ページ鳥メロ店舗一覧

コラボ鍋、本当に美味しいの?


有名ラーメン店とのコラボ鍋ということで、ラーメンを知り尽くしたラーメン評論家の皆さまにお召し上がり頂き、率直な感想を聞きました。有り難いことに「太鼓判」を頂きました!更に、コラボ鍋をより美味しく食べられるコツや実際のお店について熱いトークがくり広げられた様子を、ぜひご覧ください。

コラボ鍋を実食して頂くラーメン評論家の皆様

大崎裕史様 (株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。
「自称日本一ラーメンを食べた男」(2020年11月現在約13000軒、約26500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。
小林孝充様 TVチャンピオンラーメン王選手権第8回&第10回優勝。ラーメン大王決定戦優勝。ラーメンの食べ歩きは全都道府県に及び、これまでに食べたラーメンの杯数は14000杯を超える。ラーメンに限らず美味いもの好きで他のジャンルも積極的に食べ歩く。ラーメンWalker百麺人。食べロググルメ著名人。TV・雑誌登場多数。
山本剛志様 ラーメン王。ラーメン評論家。1969年東京都生まれ、千葉県出身、東京都江戸川区在住。2000年放送の「TVチャンピオンラーメン王選手権」で優勝。20年間で全国47都道府県の10000軒、15000杯を食破。現在も年に500杯前後のラーメンを食べている。アメーバトップブロガーとして「ラーメン評論家 山本剛志のら~マニア共和国」を毎日更新中。KADOKAWA「ラーメンwalker」百麺人。他、各所で活動中。
本谷亜紀様 幼少よりラーメンに親しんで育ち、高校時代より食べ歩きを始める。これまで4,000杯以上のラーメンを食べ、取材件数は400店以上。テレビ朝日の深夜番組「お願いランキング」において、ラーメン女子大生の愛称で親しまれる。大学卒業後はラーメン評論家としての活動を本格
化。ラーメンの流行についての講演会、チェーン店の商品開発などを通してラーメンの魅力を発信している。

 

拉麺大公 監修

“コク!旨!” 味噌の豚バラ&ホルモン鍋味噌ラーメンが人気の「拉麺 大公」が監修する、味噌ベースのコクのあるスープ。具材にはたっぷりの豚バラとホルモンを贅沢に組み合わせた、食欲を刺激する一品です。肉の旨みが溶けだした濃厚なスープで、〆までお楽しみください。

拉麺大公の特徴


まずは、有名ラーメン店コラボということで、実際の店舗の特徴をお伺い致しました。

大崎裕史
大崎裕史
札幌系ラーメンの味噌ラーメンが人気のお店です。中華鍋で味噌を煽って香りをかなり立たせた刺激的なインパクトのあるスープが特徴です。あの味噌を使えば間違いない鍋ができるでしょう!
小林孝充
小林孝充
横須賀にあった時から、行列のあるお店。今は横浜に移転しても大人気のお店。独自色を出しているお店です。味的にはがっつりとした油の強いラーメン店です。鍋にして大丈夫なのかな?って不安もあります。
本谷亜紀
本谷亜紀
強めの味噌が特徴で、人気店の一つです。札幌系の店で修業をしたことから、そのエッセンスも入っています。
山本剛志
山本剛志
味噌の選び方がとても上手です。強い味噌が特徴的なお店です。

気になるコラボ鍋の評価は?

拉麺大公編

拉麺大公が監修する味噌ベースのコクのあるスープ。
山本剛志
山本剛志
大公の味噌の強い感じがしっかりと表現されていて、徐々にスープの様子が変わって来る。スープが変化していくのが鍋ならではの楽しみで、美味しく頂けます。
本谷亜紀
本谷亜紀
唐辛子だったり、にんにくだったりフレッシュな香りがあり、スープが進化していくのが面白い。居酒屋さんで食べる鍋なので、お酒に合わせているなと思います。ビールが進む味です。
小林孝充
小林孝充
こりゃぁ、ビールだ!!最初はピリ辛から始まり、じわじわと辛くなっていく。これは、お酒が進むでしょ!!味噌を強くするだけではなく、味噌を補助する様なホルモンからの脂も出てガーリックや唐辛子もあり、後半に向けて味が強くなっていくのが、あれ!?大公なのに意外にあっさり?と思っていたけれど、やっぱりがっつりだ〜!と思わせてくれました。
大崎裕史
大崎裕史
味噌の選び方が大公らしい。普通の味噌煮込み鍋となると別のアプローチもある様に思えるが、これが実に大公さんらしい。
小林孝充
小林孝充
具材としてホルモンを入れたのが面白いですね。具材としてはありがちではあるのですが、大公にホルモンというイメージがあまりなかったです。ホルモン自体が美味しく、臭みもなく脂みもしっかりくっついている。唐辛子が多くてインパクトがあり、辛いものが苦手な方は唐辛子を鍋から取り出しておけるというのが親切設計だな、と思いました。
本谷亜紀
本谷亜紀
煮込まれて行くうちにくったくたになった野菜の甘さも相まって、辛いだけではないので食べ飽きないです。
山本剛志
山本剛志
にんにくの効き方が絶妙です。にんにくが入ることによって食べる勢いがついて、味のインパクトも足されていく。後半に向けて盛り上がっていきます。寒い時にはぴったりです!

気になる〆のラーメンは…?

ラーメンは250円/100g(税別)でご注文可能です。

大崎裕史
大崎裕史
鍋を最初に食べた時と、〆る時のスープが激変。旨味と辛さとが相まってものすごく濃厚になっています。素晴らしい。最初食べた時にはイメージできないような、新しいタイプのラーメン。もつ煮込み味噌拉麺って感じですね!
小林孝充
小林孝充
ちょっと置いておくと、どんどん進化するので、器一杯一杯期待しながらずっと食べている感じ。器一杯毎に味が変わって来る。ラーメンになっていてもつまみになりますね。お酒のすすむラーメン。ラーメンで食べる方が辛さが優しくなるのが面白い!ありそうで無かったラーメンというのが魅力的なポイントですね。
大崎裕史
大崎裕史
〆のラーメンのためにスープをどれだけ残しておくか、悩ましくも思います。ラーメン店では作れないスープですね。ラーメン店主が嫉妬するラーメンです。鳥メロにこないと食べられないラーメンですね。
本谷亜紀
本谷亜紀
モツの脂がラーメンとの絡みを良くしてくれます。鍋としても、ラーメンとしても美味しく食べれます。完成度がとても高いです。
山本剛志
山本剛志
油そばの感覚に近いです。これは、お鍋でもラーメンでもお酒がすすむ一品です。
スープの特徴 時間が経てば経つほどどんどん美味しくなる、変化するスープ。スープがとろってしていき、具材との絡みも良くなります。にんにくや唐辛子、モツの脂で徐々にスープが強くなっていくと、より大公らしさが出て来る。
具材との相性 味噌とモツと野菜、この組み合わせは言うことなし!ホルモン自体が美味しい!
〆のラーメンとの相性 ありそうで無かった、ラーメン。〆で食べるときに、旨味や辛さが更に濃厚になります。お酒のすすむラーメン。油そばの感覚に近いです。
おすすめポイント お鍋としてもラーメンとしても美味しい。バランスの取れた、最高のお鍋です。新しいタイプのラーメンとして、〆までも楽しめる!

詳細ページ鳥メロ店舗一覧

総評


ラーメン評論家の皆様の真剣な眼差しに、緊張気味でしたが、次々に飛び出すコメントは美味しい!というお言葉…太鼓判まで頂けました!スープの変化、そして、お酒のすすむラーメン!!是非、皆さまもお試しください。

とにかく、お酒がすすむお鍋。変化するスープは、器一杯毎に楽しめます。799円(税別)でこのクオリティーには驚きです。居酒屋さんで食べる鍋として、とても計算されたお鍋。具材のホルモンは、臭みもなく脂もしっかりついていて美味しい!〆のラーメンは、ホルモンの脂とがつんと味噌のきいたスープを油そばの感覚でもお楽しみください。ラーメン店主が嫉妬するお鍋です。鳥メロにこないと食べられないラーメン!