お役立ち情報

【徹底解説】ひとり焼肉はアリか、ナシか? どんな人に人気なのか

友達や家族でワイワイ楽しむイメージのある焼肉。しかし、焼肉好きの中には、ふらっとひとりで行ってみたいと考える人も少なくないはず。そこで、今回はひとり焼肉好きはアリなのかナシなのか、またどんな人に人気なのかについて詳しく解説していきます。


※画像はイメージ

ひとり焼肉はアリ?ナシ?

焼肉というと、複数人で楽しむものと認識している人も多いのではないでしょうか。焼肉にひとりで入るのは勇気が要りますし、お店の人にどう思われているか気になって落ち着かないという人もいるでしょう。しかし、最近では、コロナの影響もあってか「おひとりさま様歓迎」の看板や、ひとりでもいろんな種類のお肉が味わえる「少量メニュー」なども増えてきました。

ひとり焼肉はメリットがたくさんあるうえ、お店にも「ひとりでもOK」と言ってもらえると、お店にも入りやすくなりますよね。また、ひとり焼肉専用店もあり、ひとり焼肉は一般的になりつつあると言えるでしょう。

ひとり焼肉はどんな人が多い?

ひとり焼肉の客層として、やはりトップを飾るのはサラリーマンでしょう。一般的な男女の割合としては、男7:女3と男性が多いようです。しかし、今は無煙ロースターや、女性向けメニューなど女性に好まれる焼肉店も増えてきました。

そのため、お店によってはお客さんの割合が女性が9割を超えるところもあるのだとか。お店や地域によって客層はさまざまですが、女性がほとんどを埋めつくす焼肉店は、ひと昔前には見ることのできない光景ではないでしょうか。

ひとり焼肉のメリット

ひとり焼肉にはメリットがたくさんあります。今まで、焼肉店のワイワイした雰囲気が苦手に感じていた人も、ひとり焼肉ならその考えが覆るかもしれません。ここでは、ひとり焼肉で得られるメリットについて解説していきます。

他人に気を使わずに済む

ひとり焼肉の最大のメリットは、他人に気を使う必要がないということです。もちろん、家族や友達と行くのも楽しいですが、つい気を使ったり、遠慮がちになってしまうものです。お肉を取り分けたり、話を聞きながらお肉を焼いたりなど、少し気疲れしてしまうこともあるでしょう。その反面、ひとり焼肉は自分のペースで自由に焼けるので、まったりとした空間を楽しむことができるのです。

自分が食べたいものを注文できる

焼肉は、他の食べ物とは違い、同じ網に焼かれた同じお肉を食べることになります。シェアをして食べることが多いため、自分が本当に食べたいものを注文できないケースも少なくないでしょう。

他人の好き嫌いも気にせずに、自分が食べたいものだけを注文できる点も、ひとり焼肉の大きなメリットと言えるでしょう。

ニオイが気にならない

特に、女性の場合は、焼肉で気になるのが服や髪につくニオイです。しかし、人前の場合は、適当な服を着るのは躊躇してしまうもの。ひとり焼肉の場合は、ニオイを気にせずに焼肉を楽しめます。

口臭が気になるニンニクやタマネギなどのメニューも思う存分満喫できる点は、ひとり焼肉ならではのメリットでしょう。

ひとり焼肉で心置きなく楽しもう!

今回は、ひとり焼肉はアリ?ナシ?という疑問、どんな人に人気なのかについて解説してきました。ひとり焼肉は、気兼ねなく自分のペースで焼肉が楽しめます。「人前だから・・・。」とつい遠慮がちになってしまうこともありません。

みんなでワイワイ焼肉も楽しいですが、たまにはしっぽりとひとり焼肉をしてみるのも良いのでないでしょうか。おひとりさま歓迎のお店も増えているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

ひとり焼肉は「焼肉の和民」「かみむら牧場」へ!

ひとり焼肉のお店をお探しなら「焼肉の和民」「かみむら牧場」にお越しください。食材はもちろん、たれやご飯にもこだわったお店です。

焼肉の和民では、和民和牛を使っています。本当に優良な雌牛を九州の恵まれた自然で一頭一頭へ手間暇惜しまず半年以上かけて、通常の若齢和牛に比べ赤身のうまみ成分が強く、脂身までもがヘルシーで旨い和牛へと肥育。それらを3段階もの和民和牛独自の格付け基準で厳選し、最終的にワタミのバイヤーによる評価が得られた牛肉のみを「和民和牛」と称しています。

かみむら牧場は、薩摩牛や南国黒牛を使い、贅沢な焼肉体験をご提供しています。お手軽な食べ放題コースが特に人気です。その味は保証付き! 大切な方とのお食事にもお使いください。

焼肉の和民公式サイト

かみむら牧場公式サイト