お役立ち情報

赤ワイン、白ワインそれぞれの効能とは? 健康効果を高める飲み方も

皆様が普段何気なく飲んでいるワイン。実はワインは健康にも良いというのをご存知でしたか?

赤ワインと白ワインで種類分けされますが、それぞれの成分や効能も違います。そこでこの記事では、赤ワインと白ワインそれぞれの効能について、また健康効果を高める飲み方についてご紹介していきたいと思います。

赤ワインと白ワインそれぞれの効能

ワインの種類は大きく赤ワインと白ワインの2種類に分かれます。それぞれにそれぞれの良さや味があり、効能も違いがあります。それでは、それぞれの効能について見ていきましょう。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

赤ワインの効能

赤ワインは原料が黒ブドウで、ポリフェノールが含まれるとされています。ポリフェノールには、抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化、老化の予防効果の他、血圧を下げる効果や、認知症、アルツハイマー病に対する予防にもなると言われています。

また、ポリフェノールの含有量は出来るだけ熟成させたもののほうが多いとされているので、なるべく熟成の進んだワインを選びましょう。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

白ワインの効能

白ワインの原料は白ブドウで、クエン酸、アミノ酸、オレイン酸など、主成分が炭酸の有機酸が含まれているとの説もあります。

この有機酸があることによって、白ワインは強力な殺菌効果があるとされています。殺菌効果があるとすれば、食中毒などの危険性がある食べ物を食べる際などに、一緒に白ワインを飲めば、より安全に食事を楽しむことができるでしょう。また、白ワイン特有のカリウムには、塩分を排出する効果もあり、高血圧対策やむくみ対策などにも効果があるとされています。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

健康効果を高める飲み方

ワインは飲み方によっても健康効果が違ってきます。例えば、いくら健康効果に良いとされていても、毎日好きな量を飲んでもあまり意味がありません。

一日の適切な量としては、グラス2杯ぐらいが目安と言われています。出来るだけ肝臓に負担をかけないように、たしなむ程度に食事と一緒に飲むのが良いでしょう。

また、健康効果が高いからといってあまり毎日飲むのは良いとはされていません。毎日適量飲み続けるより休肝日をもうけ、摂取のし過ぎには注意しましょう。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

ワインが好きならワタミオーガニックランドへどうぞ!

岩手県陸前高田市に2021年4月29日「陸前高田ワタミオーガニックランド」がオープンしました。

「陸前高田ワタミオーガニックランド」は有機・循環型社会をテーマにしたオーガニックテーマパークで、陸前高田市と連携しながら建設を進めています。約23ha(東京ドーム5個分)という広大な敷地には、農場、牧場、野外音楽堂、発電施設など、段階的にさまざまな施設を増やしていく計画で、長期的に建設を進めながら施設を拡充します。オーガニックの農作物を生産して、それをもとに加工品を作り、販売までを手掛けることで、ワタミグループが推進する6次産業モデルを具現化します。

ワインや農業、野菜に関するイベントも行っています。ぜひお越しください!

ワタミオーガニックランド公式サイト

まとめ

異なる健康効果を持つ赤ワインと白ワインについてご紹介してきましたがいかがでしたか?赤ワインも白ワインも健康効果はありますが、飲み過ぎるのではなく、適度な量を守って飲むようにしましょう。過度なアルコール摂取は体を壊す元にもなりますので、しっかり適量を守って、休みの日を設けて飲むことも大切です。ワインは自分の健康状態に合わせて飲むようにしましょうね。