お役立ち情報

日本人が焼肉好きの肉食になったのはなぜなのか?

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

「好きな食べ物は何ですか?」と尋ねると、日本の多くの人が焼肉と答えますが、そもそもなぜみんな好きなんでしょうか? そこに理由はあるのでしょうか?

あまり考えたこともなかったと思いますが、どうやらしっかりとした根拠があるようですので、詳しく説明します。

なぜ日本人は焼肉が好き?

なぜみんな焼肉が好きなのか? どうやらそれにはしっかりとした理由があります。焼肉には、実際に科学的にも幸せだと感じてしまう成分が含まれているとされており、「アラキドン酸」と言って、その成分が幸せを感じさせてくれるとの調査があります。このアラキドン酸は野菜から摂取することはできず、肉でしか摂ることができないとされています。それが本当であれば、肉で幸せを感じることは、あながち間違いではないようです。

また、このアラキドン酸が舌を通じて快感中枢を刺激する効果もあり、食べた後に脳で「アナンダマイド」という物質に変化してさらに快感中枢も刺激されるとも言われています。肉を食べることで、2回の快感を得ることができるので、まさに幸せを感じさせてくれる食べ物なんです。


画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

日本人は肉食が多い?

日本人は基本的に肉食の人がほとんどです。もちろん野菜しか食べられない人もいらっしゃいますが、肉の消費量は非常に多い国です。週に必ず一回は肉を食べる人、週3~4回は肉を食べる人、毎日肉を食べる人など、ほとんどの日本の家庭でお肉は食べられます。調査会社アスマークの「食に関するアンケート調査」によると、メインの食材で最も好きなもので「肉」と答えた人は全体の68.0%にも上っています。

牛肉だけでなく、鶏肉や豚肉など、様々な調理法で食卓に並んでいます。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

焼肉はご飯と一緒に食べるとさらに幸福になれる

焼肉は、ご飯のようなブドウ糖を同時に摂取することで、幸せ効果が増すと言われています。肉に含まれるトリプトファンという物質がブドウ糖とくっつくことで幸せ成分であるセロトニンになって、さらに快感中枢を刺激するとされています。

お肉で2回、そしてご飯の組み合わせで1回の合計3回分の快感中枢への刺激を味わうことができてしまいますね。肉食文化とお米の文化を持つ日本人には、ピッタリの組み合わせです。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

まとめ

普段何気なく食べている焼肉がなぜ好きなのかがわかりましたね。しっかりとした根拠があって私たちに幸せを感じさせてくれてたんですね。肉食文化の日本人には、お肉は私たちの心をも支える大事な食品だったということです。

焼肉の和民公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。