お役立ち情報

サラダバーの起源は? その秘密に迫ります

バイキングや食べ放題に不可欠なサラダバー。ホテルやレストランのバイキングなどで楽しめるサラダバーは一体どのように生まれたのか?サラダバーの起源について、その秘密に迫っていきたいと思います。

サラダバーとは?

サラダバーといえば、飲食店でサラダをビュッフェスタイル(バイキング形式)で提供する方式です。レストランなどで、メインディッシュに対して相対的に野菜の摂取量が少ないということから、サラダバー化することで大皿のサラダを注文しなくても野菜を多くとれるメリットがあります。主に飲食店の一角に設けられており、大きな容器に種類ごとに野菜が盛りつけられています。サラダバーの注文をすれば、セルフサービスで好みの野菜やドレッシングも選んで盛りつけることができます。

かみむら公式サイト

サラダバーの起源

サラダバーの起源には、諸説ありますので、それぞれ紹介していきたいと思います。

  1. 1960年代中盤にアービーズと似たアメリカ中西部であるファストフードチェーンの「ラックス」 (Rax Restaurants) が始めたという説。
  2. 1971年、または1973年にシカゴのレストランである「R・J・グランツ」 (R.J. Grunts) が始めたという説。
  3. 1959年にハワイのワイキキである「チャックス・ステーキハウス」 (Chuck’s Steak House) が始めたという説。
  4. 1951年にイリノイ州スプリングフィールドのレストランである「ザ・クリフス」 (The Cliffs) が始めたという説などがあります。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

店によってはは野菜以外も用意されている

サラダバーは、店によっては野菜だけでなく、芋類や海藻、米、パン、麺、ナッツ、果物などが用意されることもあり、デザートがある場合もあるので、サラダバー単体で注文してもバランスの取れた食事をすることが可能です。最近ではヴィーガンの人も増えてきており、サラダバーはそんな菜食主義者方の食事にも向いています。

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

かみむら公式サイト

まとめ

サラダバーの起源は諸説ありますが、色んな場所で手軽にご利用できることから、長年にわたって色々な形で進化を続けています。誰でも簡単に栄養バランスをとりやすいサラダバーは、今後も進化を続けていくことでしょう。誰からも愛されるサラダバーに、今後も期待したいですね。

かみむら公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。