お役立ち情報

「シマチョウ」っていったい何? おいしい食べ方は?

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

シマチョウといえば、焼肉や鍋料理で使われている牛のホルモンです。ホルモンは部位によってそれぞれ異なる名前がついていますが、シマチョウとはどの部位を指すのでしょうか?

今回は、そのシマチョウについて、一体牛のどの部位のホルモンなのか、どのような特徴があるのか、また美味しい食べ方についてもご紹介していきたいと思います

シマチョウとはどこの部位?

私たちが普段お鍋や焼肉でよく食べられているシマチョウは、実は牛の大腸のことなんです。名前の由来は、見ためがシマシマ模様になっている腸ということで、シマチョウと呼ばれるようになりました。シマチョウはまた、1頭の牛から1kgほどしかとれないので、希少価値の高い部位でもあります。関西の地方では、シマチョウのことをテッチャンと呼ぶ場合もあり、朝鮮語で大腸を意味する「テチャン」に由来するといわれております。シマチョウと似たホルモンに「マルチョウ」がありますが、こちらは牛の小腸の部分です。


画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

シマチョウの特徴は?

シマチョウをお鍋や焼肉としていただくには、それなりの手間がかかります。シマチョウは消化器官ということで、下処理が非常に難しいことでも知られています。なので、シマチョウを美味しく食べられるお店は、どのメニューも凝っていて美味しいといわれているほどです。シマチョウの味の特徴としては、ホルモンならではの弾力と噛みごたえがあって、旨味がギュッと詰まっています。しっかりとした噛みごたえと旨みは、非常に満足感が得られます。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

シマチョウの美味しい食べ方

シマチョウは焼肉屋などで焼いて食べられることが多いですが、鍋の具材としても非常に相性が良いです。ただ、気を付けるべき点としては、焼肉でも鍋でも、シマチョウはしっかり中心まで加熱してから食べるようにしてください。焼いて食べる時は、初めに皮を香ばしく焼いて、最後に全体を混ぜながらさっと火を入れるのがおすすめの焼き方です。
鍋として使用するなら、シマチョウはもつ鍋に使われることが多いので、野菜との相性がよいシマチョウは、たっぷりの野菜と一緒に煮込んで食べると美味しいですよ。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

まとめ

シマチョウやマルチョウなど、似たような名前のホルモンもありますが、見ためと部位の名前などの特徴を見れば、比較的覚えやすいです。シマチョウはしっかりとした嚙みごたえと旨みが美味しさの特徴なので、焼肉屋や鍋料理屋などに行った際はぜひ食べてみてくださいで。自宅でいただく場合は、くれぐれも下処理などをしっかりおこなってから食べるようにしましょうね。

かみむら公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。