お役立ち情報

「中落ちカルビ」はどうやって作るの? おいしい食べ方は?

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉屋で注文する際、中落ちカルビは絶対にはずせないという方もいるのではないでしょうか?中落ちカルビは、カルビの中でも脂がたっぷりの部位で、より焼肉らしさが味わえます。

では一体、中落ちカルビとは牛のどこの部位で、普通のカルビとは何が違うのか?おいしい食べ方と一緒にご紹介していきたいと思います

中落ちカルビはどこの部位なのか?

焼肉屋で人気メニューのカルビ!そのカルビにも種類があり、中でも「中落ちカルビ」は定番のメニューです。 その中落ちカルビとはいったいどこの部位なのでしょうか?

中落ちカルビとは、牛の肋骨と肋骨の間にあるバラ肉のことです。 この部位のお肉は、約500kgの牛からたった50gしか取れないとも言われている貴重なお肉なだけあって、とても良質で人気があります。お店によっては「ゲタカルビ」「ショートリブボンレス」、「バラヤマ」とも呼ばれます。バラ肉なので、肉の旨味が濃厚で脂の多さが特徴ですが、リーズナブルなのもまた人気の理由です。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

中落ちカルビの特徴は?

中落ちカルビは、骨と骨の間にあるお肉なので骨からでる旨味が存分に感じられます。普通のカルビよりもお肉の味が濃厚なのが特徴的で、 少し普通のカルビより硬めの食感でもあります。脂身も多くて食べ応えがあり、食感は柔らかく、たっぷりの脂が楽しめます。こってりとしているので、どちらかというと、年齢層の高い方よりも、若い方向けかもしれません。しっかりと良質な中落ちカルビであれば、脂もしつこくなく肉質も良好ではあります。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

中落ちカルビの美味しい食べ方

中落ちカルビを買って食べる場合は、厚めのものであればしっかり切り込みを入れておきましょう。切り込みを入れれば、焼いてもやわらかく食べられます。焼くときに脂は引かなくてもお肉から出てくるのでいりません。中落ちカルビは、非常に 脂身が多いので、塩コショーとレモンでさっぱりと食べるのがおすすめです。焼き方は、ミディアムぐらいで、しっかりと火を通して焼けば、余分な脂が落ちて美味しくいただけるでしょう

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

まとめ

中落ちカルビは、牛の中でも貴重な部位です。普通のカルビとは違う、美味しい脂の旨味が楽しめるでしょう。焼肉屋さんで食べるだけでなく、スーパーなどで購入して、自宅でも一度おすすめの食べ方を試してみてください。この記事が、皆様が美味しく楽しく焼肉を楽しめるきっかけになれば幸いでございます。

焼肉の和民公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。