お役立ち情報

「トントロ」とは? 部位の説明から美味しい食べ方まで解説します

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉といえば、牛肉以外にも、豚肉や鶏肉、ソーセージなどもメニューの中で定番化されています。その中でも豚トロ(トントロ)といえば、豚肉なのはわかりますが、豚のどこの部位かまではわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、トントロとは豚のどこの部位で、どのような特徴があるのか?味や食感、美味しい食べ方なども紹介するので、参考にしてみてください。

トントロとは豚のどこの部位?

トントロとは、焼肉メニューの中でもあっさりとしていて食べやすいことから、女性にも人気がある定番のメニューでもあります。最近ではスーパーや居酒屋などでも見かける部位ですが、一体そのトントロは、豚肉のどこの部分を指しているでしょうか?

トントロとは、豚肉の首(ネック)の部位のことで、脂が多い肉質であることで知られています。またトントロは、農林水産省が定める食肉小売品質基準には部位として含まれていないので、内臓系として分類されています。なので、トントロは豚肉のなかでも取れる量が少なく、一般的にも希少価値が高いと言われているんです。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト
焼肉の和民公式サイト

トントロは正式名称ではない!?

焼肉屋や居酒屋でもトントロのことを、「トントロ」としっかりメニューでも表記され、一般的にもトントロと呼んでおりますが、実は正式名称ではないんです。というのも、トントロというのは焼き肉店が名付けた部位の名前なんです。そもそも何故トントロと呼ばれるようになったのかというと、マグロのトロのように脂肪分が多く、トロ同様に希少な部位でもあることからトントロと呼ばれるようになったんです。それ以外にも、豚の「pig」と、トロを掛け合わせて、「ピートロ」とも呼ばれることもあります。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト
焼肉の和民公式サイト

トントロの美味しい食べ方とは?

トントロは、網で焼いて食べるのがおすすめです!トントロは、非常に脂身も多い部位なので、焼肉などで食べられることが多く、網で焼くことでトントロの脂がほどよく落ち、香ばしい味わいが楽しめます。

トントロの味わいをダイレクトに味わいたいのであれば、トントロに塩こしょうをして焼いて食べるのが定番の食べ方です。強火で一気にトントロの両面を焼きあげつつ、脂が多い部位なので余分な脂はキッチンぺーパーでふき取りながら焼きましょう。

他にも、レモンをかけて食べてみたり、ネギ塩だれ(長ねぎとすりおろしニンニク塩、砂糖、ごま油、黒胡椒を入れて混ぜ合わせたタレ)でいただくのもおすすめです!!

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト
焼肉の和民公式サイト

まとめ

トントロは、比較的リーズナブルな価格で食べられるので、お店で食べるのもいいですが、スーパーで買って家で焼いて食べるのもおすすめです。ジューシーで香ばしい味わいが魅力のトントロは、焼いて食べるのがおすすめですが、もちろん煮込むことでも美味しく味わえるメニューもあります。色んなバリエーションで楽しめるトントロを、色んな調理法で試してみてくださいね。

かみむら公式サイト
焼肉の和民公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。