お役立ち情報

よく聞く「三元豚」ってどんな豚? 他の豚との違いは

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

スーパーなどのお肉売り場で「三元豚」という表記を見たことがあると思います。でもその三元豚って豚のブランドのことなのか名称のことなのか、いまいちよくわかりませんよね? そこで今回は、「三元豚」という豚がどんな豚なのか?詳しくご紹介していきたいと思います。通常の豚とは何が違い、どのような特徴を持つのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

三元豚ってどんな豚?

スーパーやレストランで「三元豚」という豚が並んでいるのを見たことはありませんか?三元豚とは、読み方は「さんげんとん」。名前の由来は、3つの元素を掛け合わせる三元交配の豚ということからきています。三元豚は、他にも「三元雑種豚」や「三元交配豚」とも呼ばれます。実は、日本国内で生産されている豚肉の大半は三元豚なんです。
3 種類の品種を掛け合わせて、それぞれの系統が持つ優れたところを生かして、効率よく豚肉を生産することを目的としています。また、雑種にすることで病気に強い豚になるので、バランスのとれた良質な豚肉を安定して供給できます。


画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

三種の豚について

三元豚の主な組み合わせは「LWD」という交配です。これは、「ランドレース(L)」「大ヨークシャー(W)」「デュロック(D)」の三種の豚をかけあわせたものになります。大型で飼育数が多いランドレースは、日本の豚肉の主要な品種で、『発育の良さと産子数の多さ』を持っています。また、大ヨークシャーは赤身と脂身のバランスの良さを持ち、デュロックはサシの入った肉質の良さを持っています。この3種のそれぞれの良さを併せ持つ豚こそが三元豚という訳です。
他にも豚の品種、与えられるエサなど、飼育環境によっても三元豚の味や品質は変わってきます。それぞれの強みを併せ持った三元豚は、まさに良いとこ取りの豚なのです。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

四元豚もあるの?

三種類の純粋種をかけあわせたのが三元豚とご紹介しましたが、世の中には四種類の純粋種を掛け合わせたの「四元豚」もあります。日本国内産の食用豚のほとんどは三元豚なのですが、欧米などでは四元豚が主流という傾向があるようです。有名どころは、薄いピンク色の「四元豚シルキーポーク」などがあり、もちろん三元豚よりも高価なものになります。それぞれ安定した供給が狙いですが、三元豚よりも、より良い肉質と臭みのなさを追求したのが四元豚になります。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

まとめ

豚肉には、三元豚や、さらなる美味しさを追求した四元豚の登場など、豚肉の魅力がどんどん多様化してきております。黒豚、金華豚、アグー豚、イベリコ豚などの純粋種の人気ブランド豚も最近では普及しており、豚肉ブームが到来しております。この記事を見て、三元豚の魅力について知ったうえで、また食べてみると、また違った味わいが楽しめるでしょう。

焼肉の和民公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。