お役立ち情報

「ミノ」ってどの部分? 他のモツとの違いは何か

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉屋では、タンやカルビなど、定番メニューを楽しむ人もいれば、コリコリ食感のホルモンを楽しみにされている人も多いのではないでしょうか?ホルモンの中でも「ミノ」といえば、弾力があって軟骨に似た食感がクセになる人気のホルモンです。

今回は、そのミノについて詳しくご紹介していきたいと思います。ミノとは、牛のどの部分で、他のモツとは何が違うのか?この記事を見て参考にしてください。

ミノとは牛のどこの部位なのか?

ミノとは、牛の第1の胃の部分にあたります。牛には4つの胃があり、その1つ目がミノ、2つ目がハチノス、3つ目がセンマイ、4つ目がギアラという風に分かれています。どれも焼肉屋のメニューで目にしたことがあると思いますが、その4つの胃の中の一部がミノということです。ミノの名前の由来は、ミノを広げた時の形が蓑傘(みのかさ)に似ているということで、ミノと呼ばれるようになったそうです。他にも、ミノは肉が白いことから、白肉と呼ばれることもあります。


画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

ミノの特徴とは?

ミノは、上記で紹介した4つの胃の中でも一番大きい胃です。肉厚なので弾力があるのが特徴的で、色も白色をしています。下処理をしっかりとおこなっていれば、臭みも少なく、味わいも淡白で食べやすい部位です。食感は独特で、コリコリとした軟骨に似た食感で、弾力もあり、噛みごたえたっぷりです。厚切りにしても薄切りにしても、お好みのサイズ感でお楽しみください。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

ミノと他のモツとの違いとは?

焼肉屋さんではミノの他、ハチノス、センマイ、ギアラなどがありますが、ミノとの違いは何なのでしょうか?4つのモツはそれぞれに特徴があり、大きさ、食感、色合いなどにおいて全てが違います。一番見分けやすいポイントとしては、やはりミノは大きくて白いので、見た目でも見分けはつきやすいと思います。

また、お店によっては、上ミノがメニューにある場合もあります。ミノと上ミノの違いとしましては、一般的に、特に肉厚の部分のミノのことを上ミノと呼んでいるようです。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

まとめ

ミノの食感を楽しむためには、焼いて焦げる前に食べるのがポイントです。ミノは頻繁に転がしながら焼けば、焦がさずに、パサつきをおさえておいしくいただけるでしょう。焼肉屋でミノを注文する際は、この記事で紹介した豆知識を用いて食べると、また違った味わいになるかもしれません。皆様のご参考になれば幸いです。

焼肉の和民公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。