お役立ち情報

「ボンチリ」はどの部分? おすすめの食べ方も解説します

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼き鳥屋でおなじみの「ボンチリ」。あのプリプリの食感がクセになり、お酒のつまみとしても最高のメニューですよね?最近では焼き鳥屋や居酒屋以外にも、焼肉屋でも取り扱われています。そんな人気のボンチリについて、今回は詳しくご紹介していきたいと思います。ボンチリの部位とはどこなのか?具体的な場所や名前の由来、美味しい食べ方についてもご紹介します。

ボンチリとは?

ボンチリは、部分的には鶏肉の尻尾(テール)にあたります。名前の由来は、ひな祭りの歌に出てくる、ぼんぼりのようなかわいい型だったことから「ボンチリ」とつけられたといわれています。尾骨のまわりについているわずかな肉がボンチリと呼ばれていて、 1羽の鶏から少量しかとれない部位なので希少価値が非常に高いことでも知られています。スーパーなどでは中々買えないので、焼き鳥屋や焼肉屋でしか食べることができないのも人気の理由です。また、ボンチリは尻尾の骨の付け根についていて、形が三角形なので、ボンチリではなく「さんかく」と呼んでいる焼き鳥屋もあります。


画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

ボンチリの特徴は?

ボンチリは、なんといっても「鶏肉の大トロ」と表現されるほどの非常に多くの脂がのっているのが特徴です。ほかの部位と比較してみても、たんぱくな胸肉や、ジューシーなモモ肉とはまた違い、コラーゲンのぷりぷりとした弾力を感じられます。 食感としては軟骨のようなコリコリとは真逆で、脂身のプリプリさを楽しめる部位になっています。お酒のアテとしても最高です。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

ボンチリの美味しい食べ方

ボンチリはやはり焼いて食べるのがおすすめです。焼いて塩やタレで食べるだけでなく、炒め物や揚げ物にしてもおいしいです。例えば、ボンチリを揚げた唐揚げや、ボンチリを甘辛く煮込んだ煮込み料理などにも活用できます。 ボンチリは脂と鶏肉の旨味がたっぷりの部位なので、スープ料理にも合いますよ。しっかりと下処理をして、色んな調理法でご活用ください。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

まとめ

普段何気なく焼き鳥屋などで食べているボンチリは、実は一羽からわずかしか取れない希少部位だったんですね。焼き鳥屋や焼肉屋へ行ったら、プリプリでやわらかくジューシーなボンチリをぜひ食べてみてくださいね。プリプリのボンチリを食べて、お酒で流し込みましょう!

焼肉の和民公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。