お役立ち情報

「イベリコ豚」とはどんな豚なのか? 他との違いは

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

イベリコ豚という豚の種類、みなさんもなんとなく耳にしたことがあるのではないでしょうか?豚肉には様々な種類がありますが、イベリコ豚って一体どこの豚で、どのような特徴があるのでしょうか?今回はイベリコ豚について、詳しくご紹介していきたいと思います。

イベリコ豚とは?

イベリコ豚とは、スペイン西部地方のみに生息する、イベリア種というスペイン原産の黒豚のことです。イベリコ豚は「どんぐりを食べて育った豚」として有名で、イベリコ豚とは品種ではなく血統のことです。イベリコ豚の歴史は古代ローマ帝国時代とも言われ、長い歴史ある世界的にも有名な豚なのです。現在でも、希少な高級グルメ食材として有名で、世界の食通達の舌を魅了し続けています。


画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

イベリコ豚ベジョータとは?

ドングリを食べて育った最高級のイベリコ豚のことを「ベジョータbellota)」といい、スペイン語で「どんぐり」という意味です。ちなみに、どんぐり以外の普通の飼料を食べて育ったものは「セボ」と呼ばれます。イベリコ豚ベジョータはスペインの広大な大自然の、樫の木の森(デエサ)で放牧され、2ヶ月以上どんぐりの実を食べさせています。
どんぐり以外にも、下草やハーブ、野生のアスパラやきのこなども食べ、独特のコクのある肉を作りあげています。イベリコ豚ベジョータは、豚肉では考えられないほどの、すばらしい霜降りが赤身に入っており、人肌でとけるオレイン酸豊富な脂質は香ばしく、世界中が唸る一級品の美味しさです。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

イベリコ豚のおすすめの部位

イベリコ豚の部位でおすすめなのが、肩ロースです。イベリコ豚の肩ロースは和牛にも匹敵する最高級の霜降りを持っています!イベリコ豚を語るならまず、肩ロースは絶対食べておきたいです。味は、かすかにどんぐりの風味をのこしていて、豚肉とは思えないとっても野性味あふれる味わいが特徴的です。普通の豚肉と違ってしっかり火を通さなくても食べられるのも特徴で、信じられないほど柔らかく、しゃぶしゃぶなどにしても美味しく頂けますよ。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉の和民公式サイト

まとめ

一般的には豚肉はバラ肉が一番柔らかく、しゃぶしゃぶなどにもおすすめですが、イベリコ豚でしゃぶしゃぶをもしされるのであれば、肩ロースが一番おすすめですよ。またステーキや網焼きなど、塩、コショウのみでいただいても美味しいので、色んな調理法でイベリコ豚を堪能してみてくださいね。

焼肉の和民公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。