お役立ち情報

「カルビ」と「ロース」の違いって? 今日から使える豆知識

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉メニューでも定番メニューである「ロース」や「カルビ」!!中には、「ロース」と「カルビ」の見分けつかないけど、とりあえず定番メニューだから注文しているという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「カルビ」と「ロース」の違いについて、詳しくご紹介していきたいと思います。今日から使える豆知識として、この記事を読んで覚えていってくださいね。

カルビとロースの違いとは?

カルビとロースの違いは、素人目に見ると見た目も味もわからない方も多いかと思いますが、まず根本的に、カルビとロースは部位が全く違います。カルビはあばら骨周辺の肉のことで、ロースは肩から腰にかけての背肉のことです。一般的に、単にカルビといった場合、牛肉のバラ肉のことで、脂肪分が多く、焼肉以外では丼などに使用されています。ロースは、腰に近い部位の「サーロイン」と区別する場合も多く、ステーキやローストビーフなどに使われている部位です。ロースの脂身の量はカルビよりも少なく、カルビより一般的にヘルシーと言われています。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

カルビとは?

カルビはあばら骨周辺の肉です。語源は韓国語のあばら骨を表すガルビだそうで、焼肉用のカルビは牛のバラ肉のことを指します。カルビといえば脂身が多く、柔らかいイメージがある人が多いかもしれませんが、実は肉自体はけっこう硬めです。しかし脂分が多いため全体感としては柔らかく感じるのが特徴です。カルビは、日本の焼肉店では一般的に商品名のようなもので使用されており、実際に詳しく部位ごとに説明すると、「肩バラ」や「ともバラ」などに分かれます。実際、日本でカルビに関する厳密な規定は存在せず、あばら骨のまわりについている肉と、さらにそのまわりにあるバラ肉を総称してカルビと呼ぶケースが多いんです。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

ロースとは?

ロースとは、肩から腰にかけての背中側のお肉のことで、カルビよりもよりあっさりとした味わいが楽しめます。ロースは「肩ロース」と「リブロース」、「サーロイン」という種類に分かれます。リブロースは厚みがあり霜降りになりやすい部分と言われ、肩ロースは肩から背中にかけてのお肉で、筋肉がひきしまり、肩ロースならではの食感と肉肉しい味わいが楽しめます。また、サーロインは背中から腰のあたりのお肉で、肉の王様とも呼ばれる部位です。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

まとめ

焼肉メニューの定番のカルビとロース。その違いを明確に答えることができれば、みんなで焼肉屋に行ったときに豆知識が言えちゃいますね。焼肉がもっと美味しく、もっと楽しくなるために肉の豆知識について知ったうえで、またカルビとロースを食べ比べてみてくださいね。

かみむら公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。