お役立ち情報

「カルビ」とは牛のどの部分なのか? 旨みの秘訣に迫る

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

みなさん大好きな焼肉といえば、どのメニューが思いつきますか?「ロース」「カルビ」「タン」「ハラミ」など定番メニューは沢山あるので、どれを頼むべきかいつも迷っちゃいますよね?

今回は、その中でも「カルビ」についてスポットをあてて詳しく紹介していきたいと思います。カルビについての特徴や、その旨味の秘訣について書いているので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

カルビとは?

カルビといえば、焼肉の王道といえる存在ですよね。焼肉屋の定番メニューとして、子供から大人まで愛されているカルビ!!そのカルビは一体、牛肉のどこの部分を指しているかご存知ですか?

カルビは「あばら骨」周辺のお肉のことで、語源は韓国語であばら骨の肉を表す「ガルビ」との説があります。焼肉用のカルビは牛のバラ肉のことを指し、脂身が多く、柔らかいイメージがあります。しかしカルビは、肉自体がけっこう硬めで、脂分が多いため全体感としては柔らかく感じるのが特徴です。一般的にカルビは、牛肉のばらを指しており、脂肪分が多く、焼肉以外では丼などに使用されることが多い部位です。


画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

カルビも部位ごとに分かれる

カルビは、日本の焼肉店では一般的に商品名のようなもので使用されており、実際に詳しく部位ごとに説明すると、「肩バラ」や「ともバラ」などに分かれます。

カルビは大まかに、肩に近い「肩バラ」とそれ以外の「ともバラ」に分かれています。中でも肩バラの「三角バラ」は、一番美味しい部位といわれ、特上カルビなどに使用されることの多い部位です。

そして「ともバラ」は、背中側の「中バラ」とお腹側の「外バラ」に分かれ、高級部位である「カイノミ」は「中バラ」です。肋骨と肋骨の間にある「中落ちカルビ」などに使用されます。また希少部位の「ササバラ」は「外バラ」に属しています。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

カルビとは商品名!?

カルビは、あばらの部位で、特に骨つきのあばら肉をカルビと呼びますが、実際にはカルビという名称にちゃんとした規定はないようです。日本でカルビに関する厳密な規定は存在せず、あばら骨のまわりについている肉と、さらにそのまわりにあるバラ肉を総称してカルビと呼ぶケースが多いんです。実は日本の焼肉店ではどこの部分のお肉でも問題ないとされており、カルビは商品名のようなものと思って良いでしょう。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

まとめ

焼肉屋でも定食屋でも定番メニューの「カルビ」!!みなさんも食べたことがあるかもしれませんが、今回紹介した豆知識を知ったうえでまた食べてみると、また違った味わいになるかもしれません。ぜひ焼肉屋に行った際は、カルビをご注文してみてくださいね。

かみむら公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。