お役立ち情報

「上カルビ」って普通のカルビとどう違う?

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

焼肉屋でよく見る「上カルビ」や「上ハラミ」「上タン」。その「上」とは一体何なのか疑問に思われている人も多いのではないでしょうか?

中でも定番メニューでもある「上カルビ」は、通常のカルビとどういった違いがあるのか?上カルビと普通のカルビの違いについて詳しくご紹介していきたいと思います

そもそもカルビとはどこの部位?

カルビとは、焼肉の王道といえる存在です。焼肉屋の定番メニューとして、子供から大人まで愛されているカルビは一体、牛肉のどこの部分を指しているでしょうか?

カルビは「あばら骨」の周辺の肉のことで、語源は韓国語であばら骨の肉を表す「ガルビ」との説があります。一般的に焼肉用のカルビは、牛のバラ肉のことを指し、脂身が多く、柔らかいイメージがあります。しかし、カルビはの味わいは、実は肉自体はけっこう硬めで、脂分が多いため全体感としては柔らかく感じるのが特徴です。一般的にカルビは、牛肉のばらを指しており、脂肪分が多く、焼肉以外では丼などに使用されることが多い部位です。


画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

上カルビとカルビの違いとは?

焼き肉屋ではメニューに「カルビ」とは別に「上カルビ」や「特上カルビ」などがありますよね?これらの違いは一体何なのでしょうか?結論から言うと、特に違いはありません!!どういうことかというと、例えばカルビは上記でご紹介した通りですが、上カルビは、実は上カルビという肉の部位があるわけではありません。なので、カルビと上カルビの違いに明確な定義はないとされています。同じ部位においても、肉の味ややわらかさ、食感などに違いがあるので、それを提供する店の判断で決められています。特においしい部分や希少な部位のことを、「上カルビ」または「特上カルビ」などと呼んで差別化を図っているということです。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

店によって違う上カルビの基準

カルビと上カルビの違いに明確な定義はないとされており、店によっては料理長が目利きで決めていたり、見た目だけでカルビか上カルビを選んでいるお店もあります。他にも、例えばブロックで買い付けた際に、並の部分はカルビにして、筋が少なく脂の乗った良い部分を上カルビにするお店も多いです。カルビも上カルビも同じ部位ではありますが、部分によっては肉質や脂の乗りなども違いがあるので、評価や値段も異なってきます。

画像掲載元はこちら※画像はイメージです

かみむら公式サイト

まとめ

カルビと上カルビの違いについてご紹介させていただきましたが、カルビと同様に、人気メニューである上タンや上ハラミも同じような差別化をしています。今後、焼肉屋で上カルビをご注文される際は、この違いをしっかりと理解したうえで食べてみてくださいね。上カルビを、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

かみむら公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。