お役立ち情報

後輩と部下を関係が壊れないように正しく指導したい

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

春がやってきました。会社員のみなさんの中には、この春から後輩や部下を指導することになった、という方も多いのではないでしょうか。

新人を指導するといっても、ただマニュアルを渡して仕事のやり方を事務的に伝える、というだけではありません。人はそれぞれ違いますし、ましてや世代が違ってくれば、後輩と部下の関係が壊れるなんてこともあるでしょう。

今回は、後輩と部下を関係が壊れないような正しい指導の仕方についてご紹介します。

教える側は伝え方が大事

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

指導をする立場というのは、客観的には相手よりも上に立つことになります。ただ、だからといって上からの目線だけでものを伝えるだけでは相手に響きません。相手の想いや事情、背景、考えなどをしっかりと汲み取り、相手にあった伝え方をすることが大事です。

もちろん、だからといって過剰にかしこまっていてはやりにくくなってしまいます。ご自身も、かつて後輩だった時代があり、その頃に先輩や上司からいろいろな指導をされてきているはずです。そのときを思いだし、してもらいたかったこと、言ってもらいたかった言葉というのをしてみれば、相手も心を開いてくれるのではないでしょうか。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

指導法によっては後輩と部下の関係が壊れる場合がある

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

やはり職場では、どうしても後輩と部下の関係がこじれてしまうなんてこともよくあります。なぜそのような状況になってしまうのかは、もちろんその人同士の性格が全然合わないということもあるかもしれませんが、結局は職場の雰囲気や指導方法が原因です。例えば、Aさんという後輩とBさんという部下がいたとして、Aさんの仕事のことばかり気にかけていたり、Aさんの事ばかり褒めてあげたりしてしまうと、Bさんは上司にもそうですが、Aさんへの不満が募っていってしまい、AさんとBさんの関係が壊れてしまいます。

部下と後輩の関係を良くするためには、正しい指導方法で、社員同士がお互いを尊重する風土を醸成するようにしなくてはなりません。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

後輩と部下の関係が悪くならない為にするべきこと

画像掲載元はこちら ※画像はイメージです

基本的に職場関係が崩れる大きな原因としては、自己重要感が失われているのがあげられます。自己重要感とは、人間誰もが持つ欲求で、”自分自身を重要な存在と思いたくて、他人からも重要な存在として認められたい”という欲求です。

その思いが充たされると自己重要感は向上していくのですが、自己重要感が低下していると、その人の態度が悪くなってり、職場の雰囲気を悪くする原因になってしまいます。

人の脳は、自分に近い存在に安心を感じやすく出来ています。その為には、社員同士お互いに対して弱い部分もさらけ出すことが出来るような心理的安全性が必要とされます。

心理的安全な職場を作るためには、「お互い感謝を伝え合う」、「ミーティングをして感情を伝えあう」、「飲み会やランチミーティングを定期的に開催する」などです。その日気になっことや、感謝したいことを、毎日でも伝え合えるような場を設けることが重要です!お互いの感謝の気持ちを惜しみなく伝えていきましょう。

 

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

まとめ

今回は、後輩と部下の関係が壊れないように、どのように改善していったらいいのかについて、ご紹介してきました。あなたも管理職として組織の成果を上げていくには、まずは後輩や部下の関係構築から考えていきましょう。この記事を参考に、みんなが何でも言い合える、素敵な職場環境を作ってくださいね。

ミライザカ公式サイト

焼肉の和民公式サイト

鳥メロ公式サイト

この記事を書いた人:jumy7
私はこれまでに、フリーランスのWebライターとして6年間従事してまいりました。グルメ関係の記事は、直近の1年間で150本以上制作。食事という時間を更に楽しく、美味しくできるよう、皆さまに記事をお届けしております。